ゆうっ♪。’s room☆彡

Yet Another JUGEM.
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
商品紹介
更新履歴
過去之記録
最近之評論
記録之輪
友達之輪
作者紹介
KAELATICKER
グーバーウォーク
余他
無料ブログ作成サービス JUGEM



<< 秋を感じると食べたくなるものは? | main | 雲の赤ちゃん >>
『離合』 これって方言でした!
 

この記事を読むまでは、

標準語だと思ってたんです。

もうビックリ

西日本新聞経済電子版

に載ってました。

車の「離合」通じない? 
九州の方言、「鉄道用語」説も

山間の狭い道路で車を運転中、前方から近づく大型車。「あれれ、離合できるかな?」。そうつぶやいたあなたは、かなりの確率で生粋の九州人だ。車と車がすれ違う意味の「離合する」という言い回しは、実は東日本ではほとんど通じない。標準語と疑わない九州人も多いようだが…。

■境界は関西 

 「離合? ドライバー同士、お客さんとの会話で普通に交わす言葉。標準語だと思っていた」と福岡市のタクシー運転手(53)は話す。

 一方、関東出身の人には「離合」がほとんど通じないことに気づき、独自に地域ごとの定着傾向を調べた人がいる。日本自動車連盟(JAF)福岡支部(福岡市)の大内田里美事業係長。各地のJAF支部や知人に問い合わせてみたという。

 大内田係長によると、東京の支部職員は「離合? 何のこと? 『行き違う』『すれ違う』としか言わない」。岐阜出身者も同じような回答だったという。

 関西では「知らない」「聞いたことはある」と回答にばらつきが出た。広島に住む知人は「普通に使う」。大内田係長は「使う、使わないの境界線は関西あたりか」とにらんでいる。

 ちなみに西日本新聞の紙上でも、交通事故の記事や山間部の道路整備の遅れを指摘する記事などで「乗用車の離合がやっとの狭い通り」などと使っている。社内向け記事データベースで検索できる1989年以降、500本超の記事に「離合」の表記が見つかった(「離合集散」は除いた)。

■今は使わず 

 そもそも、ルーツはどこにさかのぼるのか。インターネットを検索すると「鉄道用語」と主張する鉄道ファンなどの書き込みを複数発見した。鉄道の単線区間で、上り列車と下り列車が駅などで行き違う(すれ違う)ことを意味するようだ。

 ただ、運行路線に単線区間を持つJR九州(福岡市)や甘木鉄道(福岡県朝倉市)、伊豆箱根鉄道(静岡県三島市)は「少なくとも現在は使っていない」。社内や乗客へのアナウンスで「(上下線が)行き違う」などと表現しているという。

 日本の鉄道史を網羅する鉄道博物館(さいたま市)にも聞いてみた。古くは1936年刊行の鉄道用語辞典(大阪鉄道局)から97年刊行の鉄道技術用語辞典(鉄道総合技術研究所)まで、計7冊の分厚い蔵書を調べてもらったが、残念ながら回答は「該当する記載は見つからなかった」。

■なぜか定着 

 望みをつないだ国立国語研究所(東京)からは「いくつかの国語辞書には『方言』との記述がある。詳しい由来は分からない」との回答。

 それならばと、片っ端から国語辞典をめくってみる。「離合」について「(車が)すれ違う」との意味が記載されていたのは、三省堂国語辞典と岩波国語辞典。ともに「方言」(三省堂)、または「九州の方言」(岩波)とのただし書きがあった。

 岩波書店で辞典編集を担当する赤嶺裕子編集部員は「過去にいろいろ調べてみたが、分かったのは広辞苑の初版(55年)に『鉄道用語』という記述があることだけ。なぜ九州を中心に西日本に定着したのかも含め、確実なことは分からない」と打ち明けた。

 「離合」の謎は深まるばかり。ああ、もどかしい。

西日本新聞社



いつもありがとうございます。
よろしかったら、ポチッとご協力お願いします。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓ 
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ にほんブログ村 OL日記ブログへ
にほんブログ村
| - | 08:54 | comments(0) | trackbacks(0) |- pookmark↑PAGE TOP
コメント
コメントする






この記事のトラックバックURL
http://pin.kirakira.frenchkiss.jp/trackback/942402
トラックバック